マンスリーマンション管理



東京の賃貸物件オーナー様へ


ハウジング・ジャパンが家具付マンスリーマンションの運用を提案する3つの理由



理由その1:合法性

Airbnbなどのサービスを利用した民泊の運営は、「グレーゾーン」と言われることが多いのですが、許可をされている一部の地域を除いては、民泊は厳密に言うと違法です。

また、民泊を運営していることにより、管理組合や近隣の住民の方々との間に問題が生じるケースが多々報告されています。実際に民泊を禁止にしたマンションは相当数に上ります。

ハウジング・ジャパンのマンスリーマンション管理では、利用者の方と最短でも一ヵ月の賃貸借契約を締結し、一般的な賃貸契約と同等の賃貸管理を行うことにより、これらの問題をすべてクリアにしています


理由その2:収益性

通常の賃貸物件も、家具付きマンスリーマンションとして貸し出すことで、オーナー様はこれまでよりも高い賃料収入を実現することが可能です。

訪日外国人旅行者の増加とともに、家具付きマンスリーマンションへの需要も年々増加していることから、高い稼働率も期待できます。当社の試算では、2015年の訪日外国人旅行者の内、東京近郊で28日以上滞在した旅行者は339,483人にも上ります。

  • 2015年の訪日外国人旅行者総数: 19,737,400人 (JTB 総合研究所)

  • 28日から1年間滞在した訪日外国人旅行者数: 848,708人 (総数の4.3% – 国土交通省)

  • うち羽田空港または成田空港から入国した外国人旅行者数: 339,483人 (4.3%のうちのおよそ40% – 国土交通省)





理由その3:ワンストップ・サービス

ハウジング・ジャパンのマンスリーマンション管理は、オーナー様に代わって、以下の業務を全て代行致します。

  1. インテリアコーディネート

  2. 家具の手配

  3. テナントの募集

  4. 賃貸契約の締結

  5. 管理組合への書類の提出

  6. 入退去の立ち合い

  7. テナント入れ替え時のクリーニングの手配


ご滞在者様の声

訳:快適で、利便性が高く、我が家のような滞在を楽しむことが出来ました。交通機関などへのアクセスもとても良いです。きっと、バケーションでの利用よりは、ビジネスでの利用に便利かも知れません。貸主は返答が早く、親切で、信頼が出来て、効率的でした。また、機会があればもう一度ステイしたいと思いました!

ケイティ・エル、香港(AirBnBより)、市ヶ谷に滞在、2017年1月



料金体系

当社のマンスリーマンション管理の料金体系はとてもシンプルです。ハウジング・ジャパンは賃料収入の20%を管理費として申し受けます。つまり、オーナー様に賃料収入が無ければ、管理費は発生致しません。管理費には上記の業務がすべて含まれます。マンスリーマンションとしての賃貸募集につきまして、資料のご希望、またはご質問など御座いましたら、下記フォームよりお気軽にお問合せ下さい。








Need help?

rent@housingjapan.com

03-3588-8862